ボタン
沢平会社ロゴ
沢平会社ロゴ
header
  1. ホーム >
  2. 金属加工トップ >
  3. 研削研磨加工技術
金属加工技術紹介ボタン2

高精度NCを駆使し、複雑形状シャフトの工程集約が可能

弊社では切削加工によるシャフト加工だけでなく、外径精度・面粗度・真円度などを向上させる研削加工技術を保有しております。

近年の機構部品高精度化にともなう高い品質要求に答える為、外径精度、真円度や円筒度、さらに面粗度の精密な研削・研磨ノウハウを積み上げ、顧客の満足度向上を実現し続けております。

機種としてはセンタ穴を基準に加工を行う円筒研削盤や調整砥石で外周を支持しながら研削を行うセンタレス研削盤を保有しております。その他、平面研削盤なども保有しており、多種要求に対応することが可能です。研削加工では対応できない面粗度要求に対しては、特殊研磨加工を用いて品質要求に対応します。

小径に特化した研削盤を活用し形状研削・端面研削の工程を削減

真円度・円筒度・面粗度を高精度に加工した部品の写真

■多段やフライス部位の高精度研削加工

円筒研削盤はセンタ穴を支持し研削加工を行う機械であり、加工能率はあまり高くはありませんが高精度での加工が可能です。

弊社保有の円筒研削盤はアンギュラ型がメインであり、主に小径ワークに対し参考図のようにRや角度の加工を含めた複数段の同時研削や、端面研削が可能。また、近年の小型化に伴い、φ4以下の小径シャフト円筒研削加工にも対応。モーター部品等で要求される軸基準振れにも対応します。

■研削・研磨能力実例1
高精度加工能力を示す為の参考図面
寸法
外径公差 ±0.001
面粗度 Rz0.8以下
真円度 0.001以下
円筒度 0.002以下
同軸度 0.001以下
振れ 0.005以下

NCを搭載し多品種少量産も可能な高能率センタレス研削加工

センタレス研削盤

■高能率研削加工

センタレス研削盤はインフィードタイプ・スルータイプを保有しています。

スルータイプはシャフト形状を研削するのに抜群の能率を誇り、インフィードタイプは多段形状加工と能率を両立する量産用加工機です。

外周支持の為、形状・寸法により加工が不可の場合があります。円筒研削盤では支持ができないφ1以下の小径ワークの研削加工も可能です。

■センタレス研削加工能力例
高精度加工能力を示す為の参考図面
寸法
外径公差 ±0.002
面粗度 Ra0.1
真円度 0.002以下
円筒度 0.003以下
同軸度 0.002以下

内面研削加工技術を用いた高精度穴加工

内面研削

■外径・内径加工に対応し、同軸度や穴基準振れに対応

近年、モーター部品等では外径だけでなく、内径精度を含めた高精度要求が高まっています。単純な内径の真円度・円筒度だけでなく、外径を含めた同軸度や振れ精度が要求されることが多くなっております。弊社では外径・内径加工の工程・工法を工夫し、顧客の要求にこたえられる最適な加工方法の提案を実施いたします。

チタンや耐熱鋼など難削材の研削加工

インコネルチタンSUS440C

■研削難度の高いニッケル・チタン研削

近年の軽量化要求や高精度化に伴う耐熱要求に対応する材料として、チタン合金やニッケル基合金が使用されます。
チタン合金は高温下での発火の危険性があり、ニッケル基合金はその耐熱性から研削加工自体が困難とされています。
また、材質特性上表面粗さが向上しにくいという点もあり、加工・精度向上ともに難度が高いですが独自のノウハウによる加工対応が可能です。

ナノレベルの平滑性を実現する鏡面研磨加工

沢平による切削加工部品の集合写真

■複雑加工から難削材加工まで

様々な加工方法で研磨が可能。材質・形状にもよりますが、Ra0.01以下の超鏡面加工の実績があります。

超鏡面加工は主に摺動部品領域で要求され、鏡面に仕上げた後にDLCコーティングなどを施すことが多くあります。弊社では加工のノウハウとコーティングノウハウを活用し、他社よりも高い水準の製品生産を行うことが可能です。

加工方法は自社・外注含め、要求面粗さや用途により使い分けを行います。

その他金属加工技術一覧

研削加工技術紹介ページ用トップ画像研削加工

円筒研削盤やセンタレス研削盤を使用し、高精度高能率加工を実現します。小径研削から複雑形状研削まで対応可能です。

プレス・アッセンブリ技術紹介ページ用トップ画像プレス・アッセンブリ

弊社グループ会社にて、プレス加工を行っております。それらのプレス品を集め、部組加工まで社内で行うことが可能です。

  • 株式会社 沢平
  • 〒319-1225
  • 茨城県日立市石名坂町
  • 2丁目43番地14号
  • TEL:0294-53-7350
  • FAX:0294-53-7359
  • ISOロゴ
  • (JQA-QM8373)