ボタン
沢平会社ロゴ
沢平会社ロゴ
header
  1. トップ >
  2. 金属加工トップページ
金属加工技術紹介ボタン2

加工分野・金属素材・製品別の技術紹介

金属加工技術一覧

創業以来、弊社では切削加工から研削研磨、アッセンブリまで一貫生産を行ってきました。

切削加工においては複雑形状シャフト加工、研削研磨加工では真円度や面粗度を実現する高精度加工が可能です。またアッセンブリにおいては、溶接ロウ付け、カシメを行い部品の組立て納入を行うことで高い付加価値を施すことが可能です。

弊社ではこれらの部品加工を自社単独で行い、社内で一貫管理を行うことでより高品質かつ不良数の少ない量産を実現します。さらに、加工以外では、コーティング処理を行うことが可能であり、更なる付加価値を施すことが可能です。

切削加工技術紹介ページ用トップ画像切削加工

自動盤・マシニングセンタ・二次加工専用機での加工を行います。高精度加工を行うために、最適な工程を経て生産を行います。

研削研磨加工技術紹介ページ用トップ画像研削研磨加工

主にセンタレス研削盤を用いた高精度加工を行います。外径精度は勿論、高水準の面粗さや幾何公差にも対応、研磨加工機等も扱っています。

プレス・アッセンブリ技術紹介ページ用トップ画像プレス・アッセンブリ

弊社グループ会社にて、プレス加工を行っております。 それらのプレス品を集め、部組加工まで社内で行うことが可能です。

加工対応金属一覧

近年では航空宇宙や医療の分野だけでなく、産業機器業界や自動車業界でも高機能金属加工の要求が高まっております。多くのお客様がこれら難削材を用いた製品の加工を行い高機能製品の量産を目指しており、弊社でもこれらの需要に答える為に、様々な高機能金属の加工に挑戦し、量産を見据えた技術確立を目指しています。

沢平の取り扱い耐熱合金紹介ページ用画像耐熱鋼

高温領域では母材の耐熱性が重要です。インコネルや高耐熱ステンレスなど、高温に耐える金属の加工を行います。

沢平の取り扱い耐蝕合金を集めた画像耐蝕鋼

ガス・薬品・海水など、腐食環境に耐える製品が必要であればには耐蝕機能を備えた金属が必要です。

耐磨耗合金を高精度に研削研磨加工した製品を使った画像耐磨耗鋼

摺動領域では、金属の磨耗や欠損が発生します。これに耐えるには、高い硬度を持ち磨耗に耐える金属が必要です。

快削鋼とSUS303の紹介ページ誘導用画像快削鋼

高機能材料要求が高まりますが、量産性を考えると快削金属の需要はまだまだ高い状態にあります。長年の実績を以って最適な加工を提案します

加工製品一覧

創業以来、弊社では吸気系部品であるスロットルボディ向けシャフトやロッドバルブの加工を行ってきましたが、近年は耐熱シャフトやDLCコーティングを施した摺動部品等、自動車業界に限らず、産業機器分野や航空宇宙業界向け高機能部品の加工を行っています。

スロットルシャフトの画像スロットルシャフト

スロットルバルブに使用されます。バタフライシャフトとも呼ばれる製品です。

すり割を入れ、バルブシートが取り付けられます。

フッ素樹脂コーティングロッドバルブが追加された画像ロッドバルブ

インテークマニホールドに使用されるシャフトです。

フライス加工を3〜4箇所行いバルブシートを取り付けます。

耐熱性が求められる排気系シャフト製品を集めた画像耐熱シャフト

EGRバルブなど、耐熱用途に使用されるシャフトです。

排ガス雰囲気にさらされるため、高い耐食性も同時に求められる製品です。

DLCコーティングが施されたプランジャー・シャフト・ピンを集めた画像耐磨耗製品

燃料インジェクターなど摺動部に使用される部品です。

高精度加工・耐磨耗コーティング管理まで対応します。

沢平の量産の一角を占める偏芯シャフト画像偏芯シャフト

EOP(Electric Oil Pump)に使用される偏芯シャフトです。

先端偏芯部の高速加工を行い高い量産性を実現します。

主力製品ではないが重要用途に使用される部品画像その他製品

低熱膨張合金や、軽量・高強度合金の加工を行います。

高い付加価値を持つ製品の加工を行います。

  • 株式会社 沢平
  • 〒319-1225
  • 茨城県日立市石名坂町
  • 2丁目43番地14号
  • TEL:0294-53-7350
  • FAX:0294-53-7359
  • ISOロゴ
  • (JQA-QM8373)